×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽器保険について

動産総合保険 (楽器保険)

次のような場合に、修理費等(保険金)が支払われます。
    1.火災、破裂、爆発、落雷による損害。 2.盗難による損害。 3.輸送用具の衝突・接触による損害。 4.水漏れなどによる損害。 5.空からの物の落下による損害。 6.煙害、風災による損害。
など
ただし、次の場合などはお支払いできません。
    @楽器自身の欠陥、自然消耗、カビ、サビ、変色など。 A加工を施した場合の、加工着手後に生じた損害。 B置き忘れなどによる損害。 C地震・噴火・津波や台風・暴風雨・高潮などの水災による損害。 D故意や重過失による損害。
など
【保 険 料】
まず楽器の保険価格を調べます。
新品は購入金額、中古は時価となります。
購入時の領収証などがあれば一番ですが、それらがない場合は信頼できる楽器店などに有償で査定を依頼する必要があるようです。  
次に契約する保険金額を決めます(保険金額は保険価格が上限です)。
そうすると、楽器ごとに定められた保険料率(保険金額1000円あたりの保険料)があるので、保険料は次のようになります。

保険料=保険金額×保険料率/1000

支払われる保険金額は以下のようになります。
損害保険金額=(損害額−自己負担額)×保険金額/保険価格

※動産総合保険では、損害保険金以外にも支払われるケースがあるようです。
そのほか不明な点や詳しいことは、保険会社にお問い合わせください。


代表的な保険会社は左にリンクを張りました。

※この他、弦楽器店などでよく進められるのがこの保険屋さんです。 (有)行人保険事務所(03-3492-4161)

戻る